トップページ > リープヘル

リープヘル社は1949年にドイツ復興の担い手として期待を受け、ハンス・リープヘル(Hans Liebherr) により建設機械メーカーとして設立されました。現在リープヘル社は様々な分野で成功を収め、さらに成長を続けていますが、その中でも最大の成功と言えるのは組み立てが容易で購入し易いタワークレーンで、現在の会社の反映の礎になっています。リープヘル社は建設機械のリーディングカンパニーであるのみならず、多くの技術的な革新を成しとげ、お客様主体の製品とサービスを提供する会社としても知られています。ドイツ本社を中心にファミリー企業も年毎に成長し、今日では北米を含め全世界100社以上を数えるほどになり従業員数は約32,000名になっています。 また、リープヘル社は卓越した冷却技術を持っており、家庭用の冷蔵庫・冷凍庫・ワインキャビネット等も幅広く世界市場に提供しています。その革新的なアイデアと優れた品質、さらにキッチンにマッチするデザインを誇る製品群は、数ヶ所の工場から1日10,000台以上が出荷されております。

さらに、リープヘルの高品質家電は革新的なアイデアと技術で様々な賞を受賞しております。 2010年にはドイツの「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」が主催する、世界最大のデザインコンテスト「レッドドット賞」でリープヘルの冷凍冷蔵庫CBNes5167が「レットドットデザイン賞」を受賞。SBSes7155、ZKes453も同賞を受賞しました。その他にも冷蔵庫、シガーキャビネットなど様々な商品がデザイン性と環境性能を問われる賞を多く獲得しておりエコロジーとデザイン性、機能性を高いレベルで融合させた商品であることが実証されています。

ショールーム メール
ページトップ